ブログ

部分矯正と全体矯正の違い

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士
増田 丈浩


部分矯正と全体矯正の違いって知っていますか?
皆さんできれば部分的に矯正を終わらせたい人が多いと思います。

『なるべく費用を抑えたい』

『部分的の方が期間も短いでしょ』

色々な意見があります。

部分矯正と全体矯正では一体何が違うのでしょうか?

順番にお話ししていきます。

1.部分矯正とは



まず部分矯正とはなんなのでしょうか?

言葉の通り部分的に歯並びを治すことを意味します。

部分矯正はM T M(マイナー トゥース ムーブメント)ともいわれ数本の歯のみに限局して治療を行います。

前歯で顔の印象が違ってしまうため前歯のガタガタ を気にされて前歯だけ治したいひとは多いです。

そのため見た目のみを治す矯正治療と考えればいいでしょう。

一方、全体矯正とは全ての歯を動かして矯正治療を行っていきます。

本人では気づけない噛み合わせの部分も治療していきます。

2.装置の違いは?



では使用する装置に違いはあるのでしょうか?

全体矯正ではワイヤー矯正でもマウスピース矯正(インビザライン)でも治療が可能になります。

イメージはつきますよね。

部分矯正ではどうなのでしょうか?

実は部分矯正でもワイヤー矯正、マウスピース矯正が可能になります。

ワイヤー矯正であれば歯並びが気になる部分にブラケットといわれる装置をつけてワイヤーを通し治療を行っていきます。

ではマウスピース矯正も部分的かというと実は違います。

マウスピース矯正の場合は全体矯正と同じく全ての歯を覆って矯正治療を行います。

その上で動かしたい歯のみに力をかけて歯並びを部分的に治していきます。


《関連情報》マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いは?

 

3.費用



費用は部分矯正の方がやはり安いです。

どのくらい変わるかというと医院によってもちろん変わってしまうので『この金額です』とお伝えすることはできません。

ただし目安はあります。

全体矯正の費用はホームページを見れば載っているのでわかります。

部分矯正は基本的に6個のブロックに分けています。

右上の奥歯 上の前歯 左上の奥歯
右下の奥歯 下の前歯 左下の奥歯

このようなイメージです。

そのためもし上の前歯のみに装置をつけるのであれば全体矯正の費用の1/6が目安となります。

もちろん矯正歯科によって判断は変わるとは思いますが目安にはなると思います。

ただしマウスピース矯正(インビザライン)で部分矯正をする場合は少し違ってきます。

マウスピース矯正で部分矯正をする場合、マウスピースを作成するのにどうしてもコストがかかってしまいます。

そのため通常の部分矯正よりは費用が高くなります。

インビザラインライトと表記されているのが部分矯正やガタガタが少ない症例に対応したものになりますので費用欄に書いてあるか確認しましょう。

4.部分矯正は保険適用になるの?



部分矯正は残念ながら保険適用にはなりません。

ただし全体矯正で保険適用になるケースもあります。

そのため自分が保険適用になるか確認して見てもいいかもしれません。

ただしほとんどのケースは自費治療になります。


《関連情報》矯正治療は保険適用になるの?

5.医療費控除は受けれるの?

部分矯正も全体矯正も医療費控除は受けれます。

ただし10万円以上になります。

他の医療費も合算できるのでもし医科、歯科受診があれば合わせて控除が可能です。

そのため領収書は必要になりますので捨てずに取っておきましょう。

医療費控除を受けることによって還付を受けれるため結果的に費用が安くなります。


《関連情報》矯正治療は医療費控除をしないと損します!

 

6.治療期間



矯正の治療期間は全体矯正だと平均して2年から3年かかりますので長期になります。

部分矯正であれば症例にもよりますが半年以内に終わることがほとんどです。

部分矯正で1年以上かかる症例は全体矯正でするべき矯正でしょう。

ただしどちらも保定といって歯の後戻りを防ぐ装置を入れる必要があります。


《関連情報》矯正治療後の保定装置(リテーナー)の悩みが全てわかる!


この保定期間は一般的には治療した期間が保定期間といわれていますが部分矯正の場合は治療期間が短いのです。

そのためあまり短い保定期間だと後戻りしてしまう可能性があるため少し長めにした方が良いでしょう。

 

《関連情報》歯並びは後戻りするの?後戻りしたらどうすればいいの?

 

7.痛みについて



痛みは部分矯正全体矯正ともにあります。

どうしても歯を動かすと違和感や痛みは出てしまいます。

ただし動かす範囲が違ってきますので全体矯正では全体的に痛いです。

そのため部分矯正の方が痛みも部分的になるため少ない可能性はあります。

また器具がつきますので頬や舌、唇に当たって痛いこともあります。

マウスピース矯正でする場合は器具が当たって痛いということはほとんどありません。


《関連情報》歯列矯正って痛いの?痛みは対処できれば怖くない!

8.噛み合わせ



部分矯正は見た目だけの矯正歯科治療になります。

そのため噛み合わせを良くすることはできません。

また部分的に歯を動かすため噛み合わせが変わってしまいかえって悪くなる可能性もあります。

その辺りをしっかり診断できる良い先生に見てもらいましょう。


《関連情報》良い矯正歯科の選び方|歯科医師が見る8つのポイント


見た目だけキレイになって噛み合わせが悪くなってしまっては将来必ず後悔します。

ではどのような症例なら部分矯正でもいいのでしょうか。

次の章でお話しします。

9.症例選び

まずは奥歯の噛み合わせが非常に大事になります。

何を見るのでしょうか?

図で示します。


上顎第一大臼歯の手前の山と下顎第一大臼歯の溝がちょうど噛み合っていると奥歯の噛み合わせが正しくなります。(上図)

上顎第一大臼歯の手前の山と下顎第一大臼歯の溝がずれることによって出っ歯や受け口になってきます。

他にもたくさん判断基準はあるのですがここが一番大事になります。

そのため奥歯の噛み合わせが正しければ部分矯正で治療しても大丈夫な可能性が高まります。

逆に奥歯の噛み合わせの位置がずれているのであれば全体矯正で治療した方がいいでしょう。

噛み合わせが崩れると顎関節症になる可能性もあるため慎重な判断が必要になります。


《関連情報》矯正治療で顎関節症になることもあるの?

 

10.治療方法



部分矯正でする場合、隙間を作る方法は2つあります。

ただし理想は奥歯の噛み合わせが正しい場合です。

前歯を前に出す
口元の突出が気にならない場合は前歯を前に出して治療を行います。

前歯が前に出る分口元が前に出ます。

歯と歯の間をわずかに削る
ガタガタがある場合、そのまま並べると前歯が前に出てしまいます。

そのため歯と歯の間をわずかに削ってスペースを獲得します。

そのスペースを利用してガタガタをキレイに並べていきます。


《関連情報》矯正治療で歯を削るストリッピングのメリットデメリットは?


ガタガタが強かったり出っ歯の度合いが強い場合は全体矯正の適応になります。

その場合は抜歯が必要な場合もあるので正確な診断が大事です。

もちろんどの症例も抜歯して治すのは絶対に良くないです。

ただし抜歯の適応なのに非抜歯で治療すると安定しないためその場合のみ抜歯を行います。


《関連情報》矯正で抜歯は必要なの!?

 

まとめ

部分矯正と全体矯正の違いは分かりましたでしょうか?

最後に表で簡単にまとめておきます。

  全体矯正 部分矯正
費用 高い 安い
医療費控除 還付可能 還付可能
期間 2〜3年 半年ほど
痛み 多少あり 多少あり
噛み合わせ
抜歯 抜歯可能 抜歯はできない
見た目 △〜◯
装置の種類 マウスピースも可能 マウスピースも可能


部分矯正をする場合は特徴やデメリットも理解した上で行いましょう。


最後までご覧頂きありがとうございました。


名古屋で矯正治療のお悩みがあれば無料矯正相談も受け付けています。


なんでもご相談ください。


日本矯正歯科学会認定医 歯学博士


増田 丈浩