ブログ

受け口(下顎前突)の矯正の悩みを解決します!

2020年1月19日

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士

増田 丈浩


受け口(下顎前突)の矯正治療

主に下の前歯が前に出ていて、目立っている状態の事を「受け口」と呼んでいます。

 

学校歯科検診の中にもちゃんと項目としてあります。

『下顎が前より出てきた』

 

『下の歯が前にあるのが気になる』

色々な悩みがあると思うので順に説明していきます。

1.受口の矯正治療は何歳からした方がいい?


受け口の矯正治療は早ければ早いほどいいです。

まだ大人の歯が生えていなくても子供の出来具合にもよりますがなるべく早く始めるべきです。

実は骨格的な原因がある場合、上顎骨の成長を促すことが多いです。

この時期は大体5歳前後になり成長のピークが起きます。

そのためこの時期に矯正治療ができることはメリットが大きいです。

2.受口の治療はいつまで?

受け口の矯正治療は長期になります。

先ほど早く始めた方がメリットが大きいと説明しました。

その理由に上顎骨の成長のピークが5歳前後にあるからとお伝えしましたね。

実は下顎骨の成長のピークもあり、人によって異なりますが13歳〜15歳くらいにくることが多いのです。

身長がグッと大きくなるときは下顎骨も一緒に成長してきます。

そのため12歳まで歯並びが問題なくても13歳から急に下顎が前に成長し歯並びが受け口になることがたまにあります。

通常12歳くらいからⅡ期治療といってワイヤー矯正やマウスピース矯正でしっかり噛ませていくのですが受け口の場合は下顎骨が前に出ないか確認してからⅡ期治療に入る必要があります。

そのためⅡ期治療も2年から3年かかりますので高校生まで治療しなくてはいけない場合もあります。

   《関連情報》子供の矯正治療の流れ


3.受口の原因



受け口を治療する際に大事なことがあります。

 

それは何故受け口になったかです。

 

原因が骨にあるのか、それとも歯にあるのか確かめる必要があります。


受け口は骨格が原因の場合と歯が原因の場合の2つのタイプがあります。

 

順番に説明していきます。

 

骨格が原因の受け口

上の歯は上顎骨、下の歯は下顎骨という骨にそれぞれ埋まっています。

 

これらの前後的なバランスが崩れることによって受け口や出っ歯になっていきます。

遺伝的な原因や成長時に起こる悪習癖によって骨格的な問題が起きてきます。

骨格的な問題がある中でもいくつかのパターンがあります。


骨格が原因で受け口になる場合

上顎骨が問題ないが下顎骨は前にある

 

上顎骨は後ろにあるが下顎骨は問題ない

 

上顎骨が後ろにあり下顎骨が前にある

 

この3パターンがあるのですが最後の上顎骨が後ろにあり下顎が前にあるが重度の受け口になります。

 

歯が原因の受け口


上の歯が問題ないが下の歯は前に出ている

 

上の歯が後ろに下がっているが下の歯は問題ない

 

上の歯が後ろに下がっており下の歯は前に出ている

 

この3パターンになりますが最後の「上の歯が後ろに下がっており下の歯が前に出ている」

 

が重度になります。

 

臨床では骨格的な問題と歯性的な問題が混ざっています。

 

この問題をどのように診断するかというとセファロという横顔のレントゲンを撮影して診断していきます。

 

どのように診断するかというと横顔のレントゲンに基準となる点をプロットします。

 

基準点を3点プロットすると角度が測れますのでこの角度の大きさで判断していきます。

 

この角度で上顎骨、下顎骨の前後的位置関係や上下の歯軸傾斜の度合いを判断していきます。

 

この歯軸を無視して治療を行うと矯正歯科治療後に後戻りの原因になってしまうので非常に大事です。

 

      《関連情報》矯正治療後に後戻りした!どうすればいいの?

 

ではこの診断をどのように矯正治療に反映するかというと受け口の矯正治療は実は大人と子供で大きく変わってきます。


順番に説明します。
 

 

4.子供の受口の治療方法

骨格的な原因と歯が原因の受け口がありますがまずは骨格が原因の受け口から説明していきます。

骨格が原因の受け口

 
上顎骨は問題ないが下顎骨は前方にあるケース

この場合は下顎骨がこれ以上前にこないような装置を入れる必要があります。

 

チンキャップといって下顎骨を後ろに引っ張る装置を使用することにより
下顎骨の成長を抑制できます。

 

この装置は取り外しができるタイプで毎日使用すると効果が出てきます。

                  上図 チンキャップ 

 

 

 

 

上顎骨が後ろにあり下顎骨は問題ないケース
このケースの場合、成長を促進して上顎骨が前方にくるように成長すると良い結果が得られます。

 

使用する装置としては前方牽引装置(フェイシャルマスク)を使用します。

 

こちらはゴムを使用して上顎骨を牽引していきます。

 

この装置も取り外しができるタイプで家にいるときに毎日使用することによってより効果が高まります。

                          上図 前方牽引装置

上顎骨が後ろにあり下顎骨が前にあるケース
この場合は前方牽引装置を使用していきます。

 

この理由として上顎骨を牽引する際、パッドで下顎骨も押さえているためある程度抑制できるからです。

 

歯が原因の受け口

上の歯は問題ないが下の歯が前に出ているケース
この場合はリップバンパーという装置を使用します。

 

この装置は下口唇の機能的な力を利用して下の奥歯を後ろに移動させていきます。

 

後ろに移動させることによって生じた隙間は下の前歯を中に入れるスペースとして使用します。

 

                          上図 リップバンパー

 

下の歯は問題ないが上の歯が後ろに下がっているケース
このケースは上の前歯を前に移動させます。

 

子供の場合はリンガルアーチという装置を使用するしていきます。

 

この装置は主線といって太い針金に細い針金がついておりこの細い針金で前方に出していきます。

 

ただし出す際に下の歯が邪魔で動きにくいため下の歯に噛み合わせをあげるマウスピースを使用することもあります。

 

                         上図 リンガルアーチ

  
 

上の歯が後ろに下がっており下の歯が前に出ているケース
このような状況の時はリンガルアーチとリップバンパーを併用して矯正治療する
こともありますがケースとしてはかなり少ないです。

 

子供の時期から受け口の矯正治療するメリットは何と言っても手術する可能性が減ることになります。

 

下顎骨の成長は上顎骨と違って成長するタイミングは始まるのが遅い分、中学生くらいまで成長するので装置の期間は長くなることが多いです。

 

また成長を利用するできるため上顎骨と下顎骨のバランスが良くなり、

口元や横顔も良くなります。

 

5.大人の受口の治療方法

大人の場合は成長は望めないので成長を抑制、促進するような骨格的な改善は見込めません。

 

そのため歯のみを動かして治療していきます。

 

受け口を治すには下の前歯を後ろに移動させないといけません。

 

そのために隙間を作る必要がありますが受け口の場合は

 

抜歯

 

奥歯を後ろに移動させる

 

歯と歯の間をわずかに削る

 

この3つがあります。

 

抜歯

受け口の度合いが強い場合は抜歯が必要になる可能性があります。

 

また抜歯しても治らない重度の受け口は手術をして治療する場合もあります。

 

受け口の場合は重度だと手術して治療することも多いです。

 

                     《関連情報》 矯正治療の抜歯の必要性について

 

奥歯を後ろに移動させる
下の歯を後ろに移動させる場合は平均して2〜3mm後ろに移動させることができます。

 

この時には患者さんがつけるゴムも使用します。

 

これができないと治療が成功しません。

 

    《関連情報》矯正歯科治療で使用するゴムの疑問は全て解決!

 

ただしこの場合、下の奥歯の後ろに骨がないと移動できないためセファロやCTを撮影して確認する必要があります。

 

また親知らずがある場合、抜歯してから治療することが多いです。

 

奥歯を後ろに移動させるのはインビザラインが非常に得意ですので中等度の受け口はインビザライン を使用して治療すると非抜歯で治ることも多いです。

  
 《関連情報》 インビザライン は歯を抜かない非抜歯の治療が得意!

 

歯と歯の間をわずかに削る
受け口を治療する際に歯を削ることだけで対応するのは少ないです。

 

歯の間を削る場合、0.5mmまでは凍みたり虫歯になる可能性は少ないと論文で報告されています。

 

抜歯や奥歯を後ろに移動して矯正治療する際に合わせて行うことが多いです。

 
         矯正治療で歯を削るストリッピングのメリットデメリットは?

 

セファロ撮影での分析結果はどの方法で治療するにしても非常に重要になります。

 

セファロの分析によって前歯の角度、位置を決めていきます。

 

前歯の位置を決めてから奥歯の位置を固定するか前後に移動させるかを決めていきます。

 

奥歯の位置によって口の中に入れる装置が変わる場合もあるので重要な要素になります。

 

矯正治療するときは歯軸を適正な角度に位置付けるような治療方針を組み立てます。

 

その際、奥歯を移動させないようにするためにインプラントアンカーを用いて固定する場合もあります。


  《関連情報》 なぜインプラント矯正は常識をくつがえす治療法なのか?

まとめ

受け口は早期に矯正治療をした方が良いです。

また子供の矯正治療は原因に基づいて治療法が変わりますので原因を診断することが非常に大事になります。

悪習癖があるときは改善するようなトレーニングも必要になります。

歯列矯正を子供の時にすれば受け口が悪化するのを防げます。

あまり受け口なのに放っておくと大人になって矯正治療をしようとしても外科矯正といって手術をしないと治らない人もい流ので注意しましょう。 


最後までご覧頂きありがとうございました。

 

名古屋で矯正治療のお悩みがあれば無料矯正相談も受け付けています。

 

なんでもご相談ください。

 

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士

 


増田 丈浩

最新記事