矯正専門医ブログ

インプラント矯正とデンタルインプラントの違い

2019年12月17日

                    

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士

増田 丈浩

デンタルインプラント と矯正用インプラントの違い
インプラント矯正は最近非常に有用性が高まってきました。

 

インプラントと聞くと歯を失ったとこに骨の中に埋め込むチタン製のデンタルインプラントを想像される方が多いかもしれません。

 

今回お話しするのは矯正歯科治療に用いるインプラントのため少し意味が違ってきます。

 

1.目的



デンタルインプラントは失った歯のところに埋入し自分の歯のように噛めるようにしていきます。

 

口の中で長期に渡って機能できるよう表面構造もかなり特殊な作りになっており骨とインプラントが結合するよう様々な工夫がされています。

 

矯正用インプラントの主な目的は奥歯の歯が動かないよう、固定源の強化で使用されます。

 

基本的に矯正歯科治療は歯を動かすと作用 反作用がかかり動いて欲しい歯と動いて欲しくない歯が出てきます。

 

この動いて欲しくない歯を矯正用インプラントを使用して止めるイメージです。

 

今まで動いて欲しくない歯がある場合、ヘッドギアや顎間ゴムといった患者さんに自分で使用してもらう補助道具が必要でした。 

 

《関連情報》矯正歯科治療で使用するゴムの疑問は全て解決!

 

    
                            ↓  ヘッドギアのイメージ図

そのため患者さんの負担が大きく使用できない方もいらっしゃいました。

 

またゴムを使用すると他人から見えるため見た目が気になる方には抵抗があり中々使用してもらえない場合もあります。

 

矯正用インプラントはチタン合金というものでできており生体親和性は高いですが矯正治療後に外すことが必要なため特殊な表面処理はされていません。


《関連情報》 なぜインプラント矯正が常識をくつがえす治療法なのか」?

 

2.インプラント矯正の大きさ



デンタルインプラントの大きさは基本的には直径4〜6mm、長さ10〜13mm程になります。

 

矯正用インプラントの大きさはメーカーによって違いますが直径1.5〜2mm、長さは5〜6mmでかなり小さいです。

 

形も一般的に見られるネジのような形をしています。

 

症例や部位によって大きさ、直径を診断の元に使い分けます。

 

3.処置



デンタルインプラントの場合は血圧、脈拍などのバイタルサインを測定しながらの処置になります。

 

全身麻酔や局所麻酔を行なって歯茎を切ったり切った部位を縫ったりなどの処置が必要になります。

 

治療時間は大体90分くらいになります。

 

矯正用インプラントでは少量の麻酔を行い、歯茎を切ったり縫ったりする必要性はありません。

 

痛みもほとんど感じる事はなく痛み止めのお薬を飲まない方も多いです。

 

埋入した日も普段通り生活できますしもちろんご飯も食べることが可能です。

 

治療時間は5〜10分くらいで本当にすぐに終わります。

 

皆さんネジを打つと言うと身構えられる方が多いのですがあっという間に終わるので拍子抜けする方も多いです。

 

矯正用インプラントはアンカースクリュー、TADSと呼ぶこともありますが意味は同じになります。

 

4.清掃方法



これはデンタルインプラント、矯正用インプラントどちらも歯ブラシによる清掃は必要になります。

 

天然の歯ではないので虫歯にはなりませんが歯周病にはなります。

 

歯ブラシが当たっていないと汚れが溜まることによって感染を起こし歯周病が進行します。

 

脱落する原因にもなりますのでしっかり歯ブラシを当てて汚れを取る必要があります。

 

矯正用インプラントの場合は歯の場所にないため意識して磨かないといけません。

 

周りは歯茎に囲まれているため強く磨き過ぎると傷ができたりしてしまうため優しく磨いたり柔らかい歯ブラシで磨くと効果的です。

 

うがい薬に歯ブラシをつけて矯正用インプラントの周りを磨くとより効果的です。

 

まとめ

インプラント矯正とデンタルインプラントの違いは理解できましたか?

名前は似ていますが処置や目的は全く違います。

特にインプラント矯正はほとんど痛みもなく5分ほどで処置が終わってしまうので負担も少ないです。

またインプラント矯正をすることによってよりクオリティの高い矯正治療ができ、治療期間も短くなるためできる症例であればオススメします。


最後までご覧頂きありがとうございました。

名古屋で矯正治療のお悩みがあれば無料矯正相談も受け付けています。

 

なんでもご相談ください。

 

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士

 

増田 丈浩