ブログ

矯正歯科治療のリスク、デメリット

2019年10月9日

                    

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士

増田 丈浩

矯正歯科治療にリスクはあるの?
今日は大人の矯正治療のリスク、デメリットについてお話ししようと思います。

 

矯正治療は様々な恩恵がありますがもちろんデメリットもあります。

 

虫歯、歯周病

 

痛み、違和感

 

顎関節症状

 

歯根吸収

 

後戻り

 

が主に挙げられます。

 

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

1.虫歯、歯周病

矯正装置が入ることにより歯ブラシがしにくくなるため汚れがたまりやすくなります。

 

そのため汚れがたまると虫歯や歯周病が進行してしまうリスクがどうしてもあります。

 

虫歯、歯周病の対策

来ていただいた際、歯科衛生士が歯ブラシ指導を徹底的に行います。

 

これにより虫歯、歯周病のリスクを減らしていきます。

 

またあまりに歯ブラシの回数や時間が短く、汚れがひどい方は装置を使用しません。

 

ご自身でしっかり磨けるようになって初めて矯正歯科治療がスタートします。

 

ただしマウスピース矯正(インビザライン )でする場合は装置の取り外しができます。

 

そのため歯磨きはしやすくなるため、歯磨きがしやすくなり虫歯や歯周病のリスクは減ると考えられます。

 

 

2.矯正装置の痛み、違和感

どのような装置を使用してもやはり最初は違和感や痛みがあります。

 

これは人それぞれ程度は違いますが基本的には3日ほどで矯正装置に慣れていきます。

 

中には全く痛みを感じない人もいらっしゃいます。

 

特にブラケットといってワイヤーを使用する装置は痛みや違和感がでやすいです。

 


矯正装置の痛みの対策

なるべく痛みが出ないようにブラケット矯正をする際は一番痛みが出にくい最も細いワイヤーを使用し歯にかかる力を最小限にする必要があります。

 

また装置が入った際もすぐに矯正力をかけるのではなくまずは矯正装置の違和感に慣れてから力をかけるよう配慮しております。

 

 

  《関連情報》矯正歯科治療の痛みを全てまとめました。対処法もあります!

 

 

3.顎関節症状

顎関節は頭に宙吊りでぶら下がっているため不安定になっています。

 

そのため矯正治療によって歯が動くことにより噛み合わせが日々変化していきます。

 

それにより顎が開かなくなったり、痛みを生じる可能性があります。

 

顎関節の対策

顎関節症は矯正歯科治療治療を始める前の診断が非常に大事になります。

 

顎関節をしっかり診断し、状態が悪ければまず先に顎関節から治療をするようにしていき極力矯正歯科治療中に顎関節症が発症しないようにしていきます。

 

治療としてはスプリントを使用して現在の噛み合わせをスプリント上で良い噛み合わせを与えて顎にかかる負担を減らしていきます。

 

また生活習慣などとも大きく関わってくるためこちらも指導する必要があります。

 

  《関連情報》 矯正治療で顎関節症にならないようにするには

 

4.歯根吸収

矯正歯科治療することにより歯根が吸収し、短くなることがあります。

 

乳歯が抜けて永久歯が生えてすぐに力を加えるとより短くなることがあります。

 

歯根吸収の対策

急激に強い力を歯に対して与えると歯の根っこが吸収する可能性が強くなるためできる限り弱い力で行う必要性があります。

 

また萌出してすぐの永久歯にはワイヤーはつけず力があまりかからないような工夫が必要になります。

 

そのため小学校低学年でワイヤーをつけて歯を動かすのはおすすめではありません。

 

5.後戻り

矯正歯科治療後は歯は元にあった場所に戻ろうとします。

 

特に移動量が大きいと戻る量も大きくなります。 

 

ガタガタが強かった人はガタガタになりやすいです。

 

一方抜歯した場合は隙間が空いてくることもあります。

 

 

    《関連情報》矯正治療後に後戻りした!どうすればいいの?

 

後戻りの対策

装置除去後にはリテーナー(保定装置)で後戻りを最小限にしていきます。

 

こちらは固定式と取り外し式の2種類があります。

 

装着期間はおよそ2年から3年になります。

 

 

《関連情報》矯正治療後の保定装置(リテーナー)の悩みが全てがわかる!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

名古屋で矯正治療のお悩みがあれば無料矯正相談も受け付けています。

 

なんでもご相談ください。

 

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士

 

増田 丈浩

最新記事