噛み合わせの矯正治療をお考えなら当院の無料相談をご利用ください。

前歯が噛み合わない(開咬)

開咬について

歯を失う可能性が高い開咬

歯を失う可能性が高い開咬

開咬はオープンバイトとも言われ、主に2種類あります。
奥歯は噛み合うが前歯が開いてしまう「前歯部開咬」と前歯は噛み合うが奥歯が開いてしまう「臼歯部開咬」があります。
学校の歯科検診などで歯科医師から指摘されることも多いケースです。

原因

  • 先天的・遺伝的原因

    顎の骨の形態に問題がある場合や鼻炎や蓄膿症などで普段から口呼吸をする癖がついている場合、お口周辺の筋肉のバランスが崩れ、開咬になってしまうことがあります。

  • 後天的原因

    指しゃぶりや舌を歯で軽く咬む癖、頬杖をつく癖などで歯が徐々に動き開咬になってしまうことがあります。

将来的なリスク

    • 前歯で噛み切れないことによる咀嚼効率の低化
    • 発音に影響がでる
    • ドライマウスになりやすい
    • むし歯や歯周病になりやすい
    • 顎関節症になりやすい  など

治療方法

子供の矯正

悪習癖からくることも多いため、子供の時に悪い癖を治すような治療や顎を閉じるような骨格的な治療を行います。
早期に矯正治療をすることにより抜歯の可能性が減り、見た目も悪くなるのを防ぎます。

MFT(筋機能療法)
MFT(筋機能療法)

MFT(筋機能療法)とは、舌や口唇、顔面などのお口のまわりの筋肉の機能を改善し、正しく機能させるためのトレーニング方法です。
正しい舌の動きや筋肉の動きを習慣化させることで舌の位置や口唇の位置などの改善を行います。

ヘッドギア
ヘッドギア

開咬の場合は、奥歯しか当たっていないため、ヘッドギアを使用して上顎大臼歯を上方に持っていき、前歯を咬ませるようにしていきます。

タングガード
タングガード

タングガードは、つばを飲み込むときや話す時に舌が出るなどの舌癖や開咬の場合に使用します。
舌が前に出るのを防ぐ装置で取り外しが可能です。

大人の矯正

基本的には長年の悪習癖により上下の前歯が前に出てしまっているため抜歯することもあります。
抜歯を行い、矯正治療をすると綺麗な口元になります。

ブラケット矯正
ブラケット矯正

ブラケット矯正は歯の1つ1つにブラケットというものを装着し、ワイヤーを通し歯を動かしていきます。当院では白色系のブラケット、さらには白色のワイヤーを使用してできるだけ目立たない様にしています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)
マウスピース型矯正装置(インビザライン)

お一人おひとりに合った透明なマウスピースを使用して矯正治療を行います。透明な素材のため、審美性に優れ、取り外しが可能なので患者さんのストレスも軽減されます。

治療費

子供の治療費

初診カウンセリング 無料
精密検査 5,000円~15,000円
診断 無料
Ⅰ期治療 450,000円
Ⅱ期治療 ブラケット矯正 430,000円
マウスピース矯正 550,000円
オーソパルス 130,000円
裏側矯正 1,100,000円
保定装置 無料
毎回の矯正処置料 無料
価格は全て税別です。
オーソパルスはマウスピース矯正時に併用します。

大人の治療費

初診カウンセリング 無料
精密検査 5,000円~15,000円
診断 無料
ブラケット矯正 通常 830,000円
インプラント矯正使用 860,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン) 950,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン ライト) 500,000円
オーソパルス 130,000円
部分矯正 150,000円~450,000円
裏側矯正 1,500,000円
保定装置 無料
毎回の矯正処置料 無料
価格は全て税別です。
オーソパルスはマウスピース矯正時に併用します。

名古屋市、千種区にお住まいの皆さま!