ブラケット矯正

ブラケット矯正について

近年の目立ちにくいブラケット矯正

ブラケット矯正は、一昔前までは金属製の装置でした。
今でもまだその装置を思い浮かべ、ブラケット矯正を躊躇している方もいるかもしれません。しかし、材料の進化とともに審美性の高い様々なタイプの装置が登場し、昔ほど目立つ装置では無くなっています。
当院では、名古屋市、千種区にお住まいの皆様からご希望が多いため、その中でも特に目立たないブラケット装置を使用して矯正治療を行っています。

デンタルオフィス増田の特長

こだわりの白いワイヤー

通常の矯正治療では、銀色のワイヤーを使用しているところがほとんどです。そのため、どうしても笑った時に目立ってしまいますが、当院では、矯正治療で歯並びが綺麗に変化していくのを実感し、矯正治療を楽しんでいただきたいという想いから、歯の色に近い白いワイヤーを取り入れています。
また、白いワイヤーは矯正費用に含まれているため、追加での費用はありません。

こだわりのセラミックブラケット
(セルフライゲーション型ブラケットを使用)

通常のブラケットはワイヤーと細い針金(結紮線)で固定して歯を動かしますが、結紮線で強く縛り付けていたため、装置とワイヤーの間に強い摩擦がありました。
この摩擦により、矯正治療の際に歯の動きが制限されていましたが、当院のブラケットは、ワイヤーとブラケットを結紮線で固定せずにブラケットに組み込まれた構造によって固定します。
そのため、従来のブラケットより摩擦が小さく、その他にも様々なメリットがあります。

結紮線も白い針金を使用

通常の矯正治療では、ブラケットに固定する細い針金(結紮線)は銀色を主に使用しています。
当院でも症例によって結紮線を用いると治療が早く進む場合は結紮線を使用する事もあります。
その際はなるべく目立たないように白い結紮線を使用して矯正治療を行なっていきます。

ブラケットの種類

通常ブラケット

通常は、歯の1つ1つにブラケットを装着し、矯正用のワイヤー(針金)を、結紮線(細い針金)で固定します。
耐久性に優れるため、もっとも多くの症例に使用されます。

セルフライゲーション型ブラケット

セルフライゲーション型ブラケットは、ブラケットとワイヤーを結紮線(細い針金)で固定せずに、ブラケットの構造で固定します。
通常の固定する際に生じていた摩擦が少なく、痛みが少ない特長があります。

セルフライゲーション型ブラケット装置のメリット

  • 審美性に優れる

    ブラケットと歯を固定するための結紮線(細い針金)は銀色のため、どうしても笑ったときに見えてしまいます。しかし、セルフライゲーション型ブラケットであれば結紮線を使用しないため、笑った時に気づかれにくく、審美性に優れます。

  • 治療期間が短くなる

    ブラケットを結紮線で縛らないため、摩擦が少なくなり、歯の動くスピードが早くなります。
    従来の2〜3割程度治療期間が短くなると言われています。

  • 痛みが少ない

    摩擦が小さいため、弱い力でスムーズに歯を動かすことができます。
    歯にかかる負担が少なく、血流を妨げず痛みが軽減されます。

  • 抜歯のリスクを軽減

    弱い力でスムーズに拡大や歯の後方移動ができるため、従来の矯正治療よりも歯を抜く可能性が軽減されます。

  • 歯を支える組織に優しい

    弱い力で矯正治療が可能なため、歯周組織への負担が少なく、歯根の吸収も抑えることができます。
    歯周病の方にも安心して矯正治療ができます。

  • 患者さんの負担を軽減

    従来の装置は、ブラケットに結紮線を縛るため、ワイヤーの交換にある程度時間が必要でしたが、その手間がかからないため、患者さんの負担が軽減されます。

  • 清掃性が良い

    従来の装置は、ブラケットを結紮線で縛ることにより、そこに汚れが付きやすいデメリットがありましたが、セルフライゲーション型ブラケットであれば、結紮線を使用しないためブラッシングがしやすく綺麗に磨けます。

治療費

初診カウンセリング 無料
精密検査 5,000円~15,000円
診断 無料
ブラケット矯正 通常 830,000円
インプラント矯正使用 860,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン) 950,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン ライト) 500,000円
オーソパルス 130,000円
部分矯正 150,000円~450,000円
裏側矯正 150,000円
保定装置 無料
毎回の矯正処置料 無料

※価格は全て税別です。
※オーソパルスはマウスピース矯正時に併用します。