矯正ブログ

治療方法

:2022年11月18日 :2018年11月21日

子供の矯正

子供の時に矯正歯科治療をすることにより、成長を利用できるため顎の幅を広げるような矯正治療が可能です。
それにより抜歯の可能性が軽減されます。
一般歯科では床矯正がリーズナブルな価格で提供されていますが診断がしっかりされていないと治らないことも多いので注意が必要です。

機能的矯正装置(プレオルソ)
拡大装置

取り外しが可能でネジを使用するタイプとネジを使用しないタイプがある拡大床や取り外しができない急速拡大装置、ネジを使用せず主にワイヤーを使用するしクワドヘリックスやバイヘリックスなど様々な種類があります。

  • 固定式
    固定式
  • 可撤式
    可撤式
急速拡大装置
急速拡大装置

上顎に装着し、装置についているネジを回すことで顎の成長を促進させる装置です。
自身で取り外しはできません。

大人の矯正

歯のでこぼこ(叢生)が強い方は基本的には抜歯をし、その隙間を利用して矯正治療を行います。
笑った時のガタガタがなくなるため自然に笑うことができ魅力的な口元になります。

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正

ブラケットとワイヤー使用して歯並びを整えていきます。当院では白色系のブラケットと白色のワイヤーを使用してできるだけ目立たないようにしています。矯正用の小さなネジを使用する歯科矯正用アンカースクリューを加えたブラケット矯正治療も可能です。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)
マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース矯正は目立ちにくいのが一番のポイントです。
矯正装置が目立つのが嫌で矯正治療を諦める方は少なくありません。
しかし、歯並びが悪いまま放っておくと体に様々な影響が出てしまいます。
諦めずに当院にご相談ください。