矯正ブログ

デンタルオフィス増田の特長

:2019年11月6日 :2018年11月21日
噛み合わせが悪くなった原因を追求
噛み合わせが悪くなった原因を追求

噛み合わせが悪くなったのは遺伝的要因だけではありません。
原因が分かっていないと矯正歯科治療で噛み合わせが綺麗になっても必ず元に戻ってしまいます。
当院では、噛み合わせだけを見るのではなく総合的に診断を行っています。

見えにくい、目立ちにくい装置を使用
見えにくい、目立ちにくい装置を使用

当院では、名古屋市、千種区にお住まいの皆さまからのご希望が多いため、目立ちにくく、見えにくい装置を使用し、矯正治療を楽しんで受けていただくようにしております。
表側の矯正であっても装置を透明にし、さらには白い特殊なワイヤーを使用するためほとんど気づかれません。
また、別途費用もかかりません。
白いワイヤーは新しく、使用していない歯科医院がほとんどです。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)であれば、さらに気づかれにくいため、快適に過ごせます。

審美的で機能的な噛み合わせ
審美的で機能的な噛み合わせ

見た目だけ綺麗では意味がありません。
顎関節の位置がとても大切なため、審美的で顎関節に調和した噛み合わせを作っていきます。
そのために顎関節の状態、位置をしっかり診断し、矯正の治療方針を立案します。
また、寝ているときは誰もが歯ぎしりをしますが、この歯ぎしりで歯に負担がかかってしまいます。
これにより歯を抜かなくてはいけない人もたくさん見てきました。
そうならないためにも顎関節の位置を正しい位置に誘導し、なおかつ歯ぎしりをした際に負担がかからない噛み合わせを作ることを当院では目的としています。

痛みが少ない矯正治療
痛みが少ない矯正治療

当院では痛みを軽減するための様々な取り組みを行っています。
新しい形状記憶合金のワイヤーを使用して非常に弱い力で歯を動かすようにしています。
そのため痛みも少なく、また歯の負担も少ないです。
痛みの感じ方は個人差がありますが、ほとんどの方が2〜3日で痛みがなくなります。
強い力で動かす歯科医師もいますが、強い力を加えると歯根が吸収したり、強すぎる力はかえって歯が動かなくなり矯正治療期間が長くなることがあります。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)でも歯を動かす量をコントロールし、痛みがなく快適に矯正歯科治療が受けられるように配慮しています。