矯正ブログ

治療方法

:2020年2月18日 :2018年11月22日

子供の矯正

悪習癖からくることも多いため、子供の時に悪い癖を治すような治療や顎を閉じるような骨格的な治療を行います。
早期に矯正治療をすることにより抜歯の可能性が減り、見た目も悪くなるのを防ぎます。

MFT(筋機能療法)
MFT(筋機能療法)

MFT(筋機能療法)とは、舌や口唇、顔面などのお口のまわりの筋肉の機能を改善し、正しく機能させるためのトレーニング方法です。
正しい舌の動きや筋肉の動きを習慣化させることで舌の位置や口唇の位置などの改善を行います。

ヘッドギア
ヘッドギア

開咬の場合は、奥歯しか当たっていないため、ヘッドギアを使用して上顎大臼歯を上方に持っていき、前歯を咬ませるようにしていきます。

タングガード
タングガード

タングガードは、つばを飲み込むときや話す時に舌が出るなどの舌癖や開咬の場合に使用します。
舌が前に出るのを防ぐ装置で取り外しが可能です。

大人の矯正

基本的には長年の悪習癖により上下の前歯が前に出てしまっているため抜歯することもあります。
抜歯を行い、矯正治療をすると綺麗な口元になります。

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正

ブラケット矯正は歯の1つ1つにブラケットというものを装着し、ワイヤーを通し歯を動かしていきます。当院では白色系のブラケット、さらには白色のワイヤーを使用してできるだけ目立たない様にしています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)
マウスピース型矯正装置(インビザライン)

お一人おひとりに合った透明なマウスピースを使用して矯正治療を行います。透明な素材のため、審美性に優れ、取り外しが可能なので患者さんのストレスも軽減されます。