矯正ブログ

原因

:2018年11月22日 :2018年11月22日
  • 先天的・遺伝的原因

    顎の骨の形態に問題がある場合や鼻炎や蓄膿症などで普段から口呼吸をする癖がついている場合、お口周辺の筋肉のバランスが崩れ、開咬になってしまうことがあります。

  • 後天的原因

    指しゃぶりや舌を歯で軽く咬む癖、頬杖をつく癖などで歯が徐々に動き開咬になってしまうことがあります。