矯正専門医ブログ

インビザラインは効果がある?ない?|疑問に答えます!

:2020年8月18日 :2020年6月27日

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士
増田 丈浩


インビザラインの効果

インビザラインというマウスピース矯正があります。

このインビザラインは最近よく名前を皆さんも聞くのではないでしょうか?

マウスピース矯正では今のところ一番効果が高いと考えています。

「インビザラインはどんな効果があるの?」

「インビザラインしても効果がなかった人知ってるよ」

色々なご意見があると思います。

順番にご説明していきます。

1.インビザラインはどんな効果、特徴がある?



まずインビザラインには、どのような効果や特徴があるのでしょうか?

簡単にお伝えします。

1. マウスピースが透明のため目立たない

2. 取り外しができるため歯ブラシがしやすく、虫歯のリスクが少ない

《関連情報》矯正と虫歯の関係|いつ虫歯を治すかなど疑問を全てまとめました!


3. 1枚のアライナーの移動量は少ないため痛みが少ない

4. ワイヤーと違って凹凸があまりないため、違和感が少ない

5. 金属アレルギーの心配がない

6. ホワイトニングも同時に可能

7. 通院回数が少ない

8. 口内炎ができにくい

色々ありますが、上記がインビザラインをすることによって得られる効果ではないでしょうか。

詳しくは下記をご参考ください。


《関連情報》インビザラインのメリット


また、インビザラインというよりは、矯正することによって得られる様々な効果があります。

見た目だけが良くなるのではなく機能的にも良くなっていきます。

知っておくと矯正のモチベーションも上がるでしょう。


《関連情報》矯正治療の効果について|見た目だけではなく様々な効果があります!

2.インビザラインで治療の効果がある理由



マウスピース矯正は色々な商品があります。

ただし、現段階ではインビザラインが群を抜いて効果が高いです。

一番の理由はアタッチメントの存在です。



上図のように歯の表面にでこぼこ(アタッチメント)をつけて、このアタッチメントを支点として歯を動かします。

このアタッチメントは歯の色をしており、目立つことはありません。


《関連情報》インビザラインのアタッチメントって目立つ?痛い?


このアタッチメントがあるおかげで、様々な歯の動きが可能になりました。

現在は、ワイヤー矯正と比較しても遜色ありません。

それどころか、ワイヤー矯正より治療がしやすい場合もあります。


《関連情報》マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いは?


また、インビザラインは歯を抜かない治療も得意です。

この理由は、奥歯を後ろに移動させることができるからです。

この治療によって、歯を抜かない治療が増えました。

もちろん、抜歯しなくていけない症例もありますので、全て非抜歯でできるわけではありません。


《関連情報》なぜインビザラインは歯を抜かない非抜歯の治療が得意なのか!?

 

3.いつから治療効果が実感できる?



インビザラインを始めると、いつから効果を実感できるか、皆さん気になるところだと思います。

インビザラインは1枚のアライナーで0.25mm歯を動かすことができます。

少ないように感じるかもしれませんが、1週間に1枚交換すれば1ヶ月で1mm動きます。

そのため枚数が増えれば増えるほど、歯が動くため実感しやすくなります。

ただし、治療によっては奥歯の噛み合わせを治してから前歯の移動をすることもよくあります。

そうすると一見、歯が動いてないように感じ、心配になるかもしれません。

その時は、先生に今どこの歯を動かしているのか確認すると良いでしょう。

矯正の治療期間は大体2〜3年ですが、どこのタイミングで自分自身、効果が分かるのは人それぞれかもしれません。


《関連情報》矯正治療の期間はどれくらい?子供と大人で期間は違うの?

3.インビザラインの効果がない時もある?



インビザラインが効果がない場合もあるのでしょうか?

実はあります。

ではどのような時か説明しますね。


インビザラインを使用しない時

インビザラインは使用時間が決まっています。

1日に20時間以上は使用しないと効果が出ません。

そのため、イメージとしてはご飯食べる時と歯を磨く時以外は使用しなくてはいけません。

この時間が守れないと効果が出ません。

インビザラインの設計(クリンチェック)がおかしい



インビザラインの設計をクリンチェックと言うのですが、この操作はパソコン上で行います。

ドクターがわかっていないと、このクリンチェックが適当なものが出来上がってしまいます。


クリンチェックは非常に大事で、患者さんがどんなに装置を使っても、ここがダメだと治りません。

指示されたゴムを使用しない



インビザライン ではゴムの使用があります。

このゴムを使用しないと、インビザラインの効果が出ずに、出っ歯が残ったりします。

そのため、先生にゴム使用を指示されたら必ず使いましょう。


《関連情報》歯列矯正で使用するゴムってどんなもの?


インビザラインは決して安くはありません。

せっかく高いお金を支払ってインビザラインをするので、効果が出るように取り組みましょう。

インビザラインにかかる費用については下記をご参考ください。


《関連情報》インビザラインの費用はどれくらい?|正しい値段を知りましょう

 

まとめ

インビザラインは様々な効果があります。

見た目にはわかりにくく、歯ブラシがしやすく、痛みや違和感も少ないです。

そのため、今後の矯正の主流になっていくと思われます。

ですが、使用しないと効果が出ませんし、先生のインビザラインの設計も非常に大事になってきます。

矯正の必要性や、矯正が必要な噛み合わせの確認は、下記でしてください。


《関連情報》矯正治療の必要性は何か?|矯正が必要な噛み合わせはこちらです!

 


最後までご覧頂きありがとうございました。


名古屋で矯正治療のお悩みがあれば無料矯正相談も受け付けています。


なんでもご相談ください。


日本矯正歯科学会認定医 歯学博士


増田 丈浩